TOP > Q&A PONが質問に答えるの巻。 >Q.打ち始めより天井間際の方が、当たりやすくなってるよね?

Q.打ち始めより天井間際の方が、当たりやすくなってるよね?

 

Q.打ち始めより天井間際の方が、あたりやすくなってるよね?

A.なっていません。当たる確率はどこであろうと同じです。

解説↓↓↓

パチスロは毎ゲーム毎ゲーム同じ確率で、独立して大当たり抽選を行なう、

完全独立抽選になっています。



具体的に言うと、大当たり確率が1/200の台があるすると、

1G目も1/200。2G目も1/200。3Gも1/200。557G目も1/200。1208G目も1/200。

と、どのゲーム数でも常に同じ確率で抽選しています。



1/200を1ゲーム回すと、次の2ゲーム目は1/199、次は1/198。

となっていく訳ではありません。

そのため、1G目であろうと、300G目であろうと

ボーナスを引く確率は同じになります。



しかし、1/200のボーナス確率の台を200回転以内で、

ボーナスを引く確率は、63.3%となっています。
(1/399の台を399回転以内で大当たりを引く確率も同じ。)

なので、天井1200Gの台があって、700Gの台があった時は、

900Gまでに、63.3%で当たる事になります。

回数的には早い段階で大当たりを引くことが多くなります。



けれど、体感的に天井手前に当たる事が多いように感じるのは、

天井前に当たると負債も大きく、悔しさも大きいので、

それだけ記憶に残りやすいためです。

すぐ当たっちゃたのなんてすぐ忘れますよね?



なので、天井手前であったとしても今回は運が悪かったと

割り切って、冷静になる事が大切です。

そこで、冷静さを失ってハイエナをやめて適当打ちを

はじめる事がもっとも愚かな行為です。

そのために、このことをしっかり頭に入れて稼働に臨みましょう。

ハイエナ五輪ノ書-必見人気記事!!

Comment

comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可